退屈な狐は夢を見る

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

コメント

No title

ラノベ読まずに倫理文読め、倫理文

2008.02.01  ひに  編集

No title

http://www.ebata-clinic.com/rinshou/index.html
↑イイ!!

まあジョークだよ。

2008.02.01  1+1=  編集

No title

とりあえず、狼と香辛料はおもしろいかな(´・ω・`)

冬はおでん?? 水炊きだろ

2008.02.01  の  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「解けない 問題など ありはしないと 」    by長門有希     テスト中につぶやきましょう。自信がなくなります・・・

書評


高校受験ですか・・・・
もうそんな季節がやって参りました。
さしてそんな気はしないんですけどねぇ。
最近は前より、アニメ見たりラノベ読んだりと堕落しきった生活を送っております。

はてさて、今回の書評ですが・・・・・画像がはれない・・・・・・
なんででしょう????
ということで、今回は画像なしの紹介です。

今回紹介したいのは「文学少女」シリーズです。
「狼と香辛料」と同時に買ったんですが、どうしてもインパクトでは「狼と香辛料」が
勝ってしまい、購入を控えた一作でした。

しかしこの前、2巻を買ってみるとこれが大当たり!!!!
2巻からの怒濤の追い上げです。
こちらは「狼と香辛料」と違いインパクトには欠けますが、物語が繊細です。
登場人物の遠子先輩風に言うなら

“とっても苦いビターチョコみたいな物語、苦くて途中で食べるのをやめたくなるような。でも、食べ終えたあとにほんの少しの甘みがある、そんな物語。”

ホントいいんです、これ。
登場人物一人ひとりが悩みを抱えていて、そんなところに人間臭さを感じました。

さらに5巻は感動の一言に尽きます。
1~4巻までの完成系が5巻なのですよ!!!!
5巻のために1~4巻があると言っての過言ではない!!!!
久しぶりに物語に身震いした狐でした。

PS:CLANNADのゲームがとっても欲しいんだ。

 

コメント

No title

ラノベ読まずに倫理文読め、倫理文

2008.02.01  ひに  編集

No title

http://www.ebata-clinic.com/rinshou/index.html
↑イイ!!

まあジョークだよ。

2008.02.01  1+1=  編集

No title

とりあえず、狼と香辛料はおもしろいかな(´・ω・`)

冬はおでん?? 水炊きだろ

2008.02.01  の  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

Flashカレンダー
プロフィール

狐

Author:狐
引き籠りになりたい今日この頃な大学生

予定では、ネクラ街道まっしぐらだったはずなのに、なぜか所属はバリバリの体育会系

明日にも倒れるかも…

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ブログランキングなるものに挑戦中!!! あなたの愛をこのブログにも             ポチッとワンクリックm(_ _)m
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 

Copyright ©退屈な狐は夢を見る. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。