退屈な狐は夢を見る

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「憂鬱は諸君が考えるように肉体の不快はなく、心の病気である」  byジョン=フォード  心の病院で、心の処方箋を出してもらおう!!(つまりは精神科…)

書評



明日から学校~
憂鬱な学校~
残念な大学生~
見事な五月病~
毎日が日曜日ならいいのに~


ハイ、鬱もここに極まれりな狐です
最近の更新は連続更新からの期間が開くという不定期っぷり
読者さんも困っちゃいます

まぁ、読者なんてほとんどイネェけどな…


黄金週間も、もう終わり
明日から稽古がもう始まる


イヤだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ―――――!!!!!!


というわけで、書評いきます


半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
(2011/04/30)
野村 美月

商品詳細を見る




文学少女シリーズの外伝
とうとうこのシリーズも最終巻??を迎えました

中学生の時から追いかけたシリーズがだんだん終わっていくのでとても悲しい気持ちになります

さて、このシリーズのライトノベルとは思えないような文体の緻密さ
ただ単に面白いだけでなく、苦い読みくちの後に訪れる爽やかな読了感がたまらなく好きでした

本作は、外伝的な位置づけで本編とはまた違った読み口となっていますが
本編が終わった後のお祭り感が好きな人にはお勧めできるものになっています


ぜひとも、本編を読んでない人は本編を読んで、この作品を読んでニヤッとしてほしいと思います

はてさて、感想はといいますと
主人公が本編とは全く異なった性格になり、最初は戸惑ったりもしましたが
読み進めていくうちに2人の主人公に共通する内面の弱さが描き出されていて
異なった読み口ながらも、シリーズとして一貫したものとなっていました

やはり、外伝的な位置づけなので本編を読んだ人はくすっとできるネタもちりばめられています


5月後半に出る新シリーズを楽しみに待ちたいと思います!!!


PS:次の更新はいったいいつになるのやら

 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

Flashカレンダー
プロフィール

狐

Author:狐
引き籠りになりたい今日この頃な大学生

予定では、ネクラ街道まっしぐらだったはずなのに、なぜか所属はバリバリの体育会系

明日にも倒れるかも…

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ブログランキングなるものに挑戦中!!! あなたの愛をこのブログにも             ポチッとワンクリックm(_ _)m
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 

Copyright ©退屈な狐は夢を見る. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。