退屈な狐は夢を見る

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

コメント

No title

狐さんやノキさんで、やばいって・・・
1××点なんかで喜んでいた俺は一体?

2007.11.16  U  編集

パソコンとられた・・・

励ましセンキュ!!!

がんばろうぜ!!!

2007.11.16  のの  編集

No title

俺もあと2、30点欲しいんだが・・・
うあぁぁぁぁぁぁぁぁっ

2007.11.17  しかっくん  編集

No title

好きだね~西尾維新。

テストで良い点取った奴はいないって。

みんな元気出せよ!

2007.11.17  1+1=  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「動け、動け、動いてよ、今動かなきゃ何にもならないんだ! 」 by碇シンジ    逃げちゃ駄目だ!!逃げちゃ駄目だ!!逃げちゃ駄目だ!!・・・・勉強から・・・

書評

今日は、久しぶりに部活に行きましたよ。
もうそろそろ腕も鈍ってきて二年生にやられるかななんて思ってました。
しかし・・・あいつらホントに練習してたのでしょうか???
S中剣道部の行く末が不安な狐でした。

photo_140.jpg

ハテサテ、今日紹介したい本は戯言シリーズの外伝「零崎軋識の人間ノック」です。
「零崎一賊」−それは「殺し名」の第3位に列せられる殺人鬼の一族。釘バット「愚神礼賛」ことシームレスバイアスの使い手・零崎軋識。次から次へと現れる「殺し名」の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?
舞台は戯言シリーズの5年前。
まだ零崎人識が中学生の頃の話ですね。
「愚神礼賛」こと零崎軋識の得物はその名を冠した釘バット。
その純鉛製の釘バット振り回し、そこにあるものを容赦なく破壊する。
しかし、そんな戦い方をする軋識さんは実は結構普通の好青年。
「零崎」という異端集団にいながら結構フツーな人。釘バットを使って人を殺す人を普通とは言いませんがね・・・。そんなギャップがいいんです。
狐の戯言シリーズもっともお気に入りのキャラ。

西尾氏の戯言シリーズを読んだことのない方はまずはそこから。

PS:ノキ氏へ  まだ時間はある。俺も点数足りてないから、一緒に頑張ろうぜ!!!

 

コメント

No title

狐さんやノキさんで、やばいって・・・
1××点なんかで喜んでいた俺は一体?

2007.11.16  U  編集

パソコンとられた・・・

励ましセンキュ!!!

がんばろうぜ!!!

2007.11.16  のの  編集

No title

俺もあと2、30点欲しいんだが・・・
うあぁぁぁぁぁぁぁぁっ

2007.11.17  しかっくん  編集

No title

好きだね~西尾維新。

テストで良い点取った奴はいないって。

みんな元気出せよ!

2007.11.17  1+1=  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

Flashカレンダー
プロフィール

狐

Author:狐
引き籠りになりたい今日この頃な大学生

予定では、ネクラ街道まっしぐらだったはずなのに、なぜか所属はバリバリの体育会系

明日にも倒れるかも…

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ブログランキングなるものに挑戦中!!! あなたの愛をこのブログにも             ポチッとワンクリックm(_ _)m
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 

Copyright ©退屈な狐は夢を見る. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。