退屈な狐は夢を見る

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「貴様こそサムライだ!!」  byヴィルヘルム・バルドー  ただ、愛すべき人を守るがために戦場を翔る

書評CM(2) TB(1)


ども、もはやブログ更新をあきらめていた狐です
このまま閉鎖かな と思っていましたがッ

一転、いきなり何の前触れもなく書評です


とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)
(2011/09/17)
犬村 小六

商品詳細を見る



ここ最近、読んだ感想を「書きたい!!」と思わせる作品に巡り合ってなかったのですが
つい先ほど読み終わり、書かずにはいられなかったので
もはや、誰もこのブログを見てないとわかってはいても書いてしまいました


海猫と魔犬、空の王となるのは果たして!?

サイオン島には「魔犬」がいる――。ヴィクトリア海海戦より半年後、帝政天ツ上軍の撃墜王・千々石は、神聖レヴァーム皇国軍の飛空士たちにそう呼ばれ恐れられていた。しかし、物量に劣る天ツ上の兵士たちは、レヴァーム軍の果てしない攻撃を前に次々と命を散らしてゆく。そして、ついに東進を開始したバルドー機動艦隊。迎え撃つべく、空母「雲鶴」に再び乗り込んだ千々石を待ち構えていたのは、最新鋭科学兵器に守られた海の要塞と、あの男の技だった……! 魔犬と海猫――ふたりの天才は決着を求め、天空を翔る!「夜想曲」完結!!



上巻の感想すら書いてないのに、下巻の感想を書いて何になるのかと言われればそれまでなのですが、上巻を読んだ時の手ごたえはそこまででもなかったんですよね
上巻の感想は「キャラのたった架空戦史」であって、シリーズ第一作の追憶のエピソードを補完する意味ではとても満足することができましたが、この本1冊だけではさしてといった感じだったのです
作者も言ってましたが、「第二次世界大戦」「プロペラ飛行機」「旧日本軍」のラノベとしてはあり得ない三大要素で構成された1冊であり、途中のミッドウェー海戦を彷彿とさせるシーンなんかは上記の三大要素が大好きな狐はとても楽しめましたが、受け入れられない人は無理だろうなーと苦笑いしつつ読んでました


そして下巻
物語は、完全にラノベという壁を薙ぎ払ってしまいました
上巻で濃かった架空戦史としての色は、ここに至って物語全体を覆い尽くしました
旧日本軍をなぞるような主人公・千々石たちの悪戦を、作者はこれまでの追憶・恋歌で培った文章力で凄惨でありながら、なにか熱いものがこみ上げるものに書き上げていました
「ほ」号作戦での戦友たちの撃墜、真電三機による敵旗艦の爆撃、そしてそれを讃えるレヴァーム皇軍、伊予島での守備兵たちの玉砕
一つ一つの出来事で何万といった命が散ってゆく
過酷な戦闘から戦争は間違っていると理解する
しかし、それでも主人公はその戦闘の合間に人間の気高さを見つけ、空戦に魅せられる

最後の空戦で、あいまみえる魔犬と海猫
どちらが勝ち、どちらが生き残ったのかはここでは語りませんが
この記事のタイトルのセリフがこの戦いのすべてを表していると思います

この下巻のなかで、主人公とヒロインが言葉を交わすのはほんのワンシーンだけ
それでも、その数ページの存在がこの作品がラノベというジャンルにあることを証明してくれます



この作品を、読んだ誰もが素晴らしいと感じるとは思いません
戦争をあつかった題材は難しく、考え方の違いで万人に受け入れられるのは難しいと思います
でも、この作品を趣味といいつつ自分の伝えたいことを書ききった作者には尊敬します
ラノベというジャンルの深さを見せつけてもらいました。

これだからもの読みははやめられない!!!


PS:興奮しているため、とてもはずかしい文章になっていますが悪しからず
スポンサーサイト

 

まったりとライトノベルを読む時間こそ至福の時

Flashカレンダー
プロフィール

狐

Author:狐
引き籠りになりたい今日この頃な大学生

予定では、ネクラ街道まっしぐらだったはずなのに、なぜか所属はバリバリの体育会系

明日にも倒れるかも…

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ブログランキングなるものに挑戦中!!! あなたの愛をこのブログにも             ポチッとワンクリックm(_ _)m
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 

Copyright ©退屈な狐は夢を見る. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。